非常勤8週目

 先週は別件のために休ませていただいて,今日が8週目.近鉄特急の車窓から見える水田は,だいぶ稲が伸びてきたのが確認できます.午後の教室はmax200名程度の縦長の部屋,もちろんまだエアコンは入りませんから窓を開けての講義.集中力を持続するには辛い環境です.夕方,退出する頃には雨が降り出しましたが,ほとんどの学生は傘を持っておらず右往左往.そろそろ梅雨に入るのでしょうか?

 ここしばらく読み続けていた「水滸伝」,次の巻まで間があることから一昨日つなぎで購入したのが,『古事記講義』.いやぁ,引き込まれますねぇ,今日の往復の車内で授業の予習もそこそこに,熱中しておりました.
 古事記も日本書紀も,これまでちゃんと読んだことはありません.スサノオノミコトは「日本昔話」的理解を超えないし,ヤマトタケルは小学校の図書室で児童向けの本を読んだ程度の理解.しかしながら,熊野三山や高野山,吉野大峰といった紀伊半島の渉猟を深めるにつけ,高野・吉野・熊野を時間的・空間的双方からちゃんと理解しようとすると,時間をどんどんと遡って考える必要を感じています.二木島祭も花の窟も,やはり実際に「記紀」をちゃんと理解した上でないと,大きな顔をして(顔の大きいのは生まれつきですけど)人に説明できません. 😉
 そんなこんなで,帰路の近鉄電車の乗り換えの大和八木駅構内の書店で,同じ著者の『口語訳古事記』も全2冊購入してしまいました.今朝,ある原稿依頼を承諾したばかり,大丈夫なんやろか? :mrgreen:
 

 

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です