非常勤12週目

 昨晩は調子に乗りすぎて、東京出張の帰路でお疲れのsampe氏を、途中で呼びつけるという失態をやらかしてしまいました。帰宅後は反省するまもなく爆睡しての今朝、湿気充満の室内にこれ以上洗濯物を広げることもできず、洗濯後は風呂場の乾燥機にスイッチを入れての出勤。非常勤先での授業は今日で終了、とはいえ、補講を申し込んでいましたので来週が実質的に最後の授業となります。もっとも、本務校では月末まで授業は続きますが。 😕

 この時期になって「初めて」教室にやってくる学生もそこそこいます。彼らは一様に「就職活動のため」という言い訳を持ち出します(私の授業は、旧カリキュラムの最後の年で4年生ばかり)。欠席に対する救済措置を求めてくるのですが、こちらとしては「シラバス通り」という対応をせざるを得ません。授業内容も評価方法も、すべて学期始めに配布されるシラバスに記載してあるのですから、「知らなかった」という言い訳は通りません。 ❗
 あまり堅苦しいことを言うつもりはないのですが、彼らと話していると、情けなくなるのですね。きちんと卒業までの戦略を立てて、それを実現すべく戦術を決定して欲しいのですが、とても視野が狭いのです。授業を休むのはかまわないのですが、学期始めに登録科目の評価法などに目を通した上で、必要な手段を講じておいて欲しいものです。私の授業であれば、理由を連絡してくれさえすれば済む話なのですが。目的の実現のためには、そのために連鎖的に手段が決定されてくると思うのですが・・・。このあたり、本務校の1年生に特に考えて欲しいところでもあるのです。 😕

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「非常勤12週目」への2件のフィードバック

  1. 寺口先生の意外な厳しさに敬服しました。僕は昨年、東京の某
    マンモス大学で非常勤をやりましたが、戦術も視野もあったものではない。最後の授業1回で単位を乞うツワモノがいました。でも、陸上部のレギュラーらしく、広告代理店に内定だそうなので、単位進呈。条件は新聞社説の筆写。そんな次第で、今の子(娘)には叱ったうえで単位をおあげなさいな。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です