8月の熊野詣

楫取崎 台風が接近中の8月1日(水)2日(木)、尾鷲・熊野へ行ってきました。今回の目的は、4月からスタートした東紀州まちづくり公社について資料を集めること。担当のM氏とは数年ぶりの再会、同行したO君、E君との顔つなぎも出来ました。学生実習のサポーターのIさん(知る人ぞ知る、一日一魚の著者)とも久しぶりにお会いでき、昨年度のレポートを届けることが出来ました。夜は熊野へ移動してsatoshi-kさんをまじえての宴会、皆さん遅くまでお疲れ様。写真は、今朝訪れた楫取崎(和歌山県太地町)の波、やはり台風ですね、普段とは違った荒々しさをむき出しにしています。


 O君、E君はどちらも大学院博士課程在籍中、プロジェクト熊野の仲間です。トヨタ財団の研究助成が得られたので、奥熊野地域での社会調査を継続しています。学生実習の時はチューターとしてまたドライバーとして大活躍する彼ら、今回のように自分の研究に取り組んでいる姿を見るとホッとしますね。
 1日(水)の夕飯は熊野市の「真紀」、通い慣れた店ですが、この時期のお勧めメニュー「ミョウガの天ぷら」をいただくことが出来て大満足。ミョウガを薄くスライスしたものをかき揚げのようにしていただきます。香りも食感も大変素晴らしく、この店以外では食べたことのないモノ。二次会はいつもの「恋子」、途中で獣医のEさんを呼び出してさらに盛り上がっておりました。Eさん、急にゴメンなさい。
 2日(木)の昼食は、新宮市の「鹿六」。私には少し味が濃いのですが、美味しい鰻であることにはかわりありません。浜峰で干物を仕入れて帰路へ、夕方松阪市でレンタカーを返却し、その後はこれも通い慣れた「味園」、O君E君とも大変気に入ってくれたようで結構でした。塩タンからはじめて、ハツ・ホホ・ミノ・ホルモンと一気に。七輪の炎の熱さを理由にして(?)、美味しいビールを頂きました。
 結局E君の車で自宅へ送っていただきましたが、直接の仕事に要した時間は30分程度、それ以外はほとんど飲み食いしていたことになりますね。これでは、痩せんわなぁ。 :mrgreen:

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「8月の熊野詣」への5件のフィードバック

  1. 二日間、どうもありがとうございました。
    約束通りのブログ更新ですね。
    今回の熊野滞在は美食三昧でした。
    (美食の実態知ったら、奥さん怒りますよ→satoshi-kさん)今度、松阪を歩いて回ってみたいです。

  2. >satoshi-kさん
    私は来週から体重日記(?)を公開します。そちらもどう?
    >kenさん
    お疲れ様でした。松阪牛ツアー、実現に向けて検討します。
    ということで、昨晩は爆睡でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です