第12回在韓被爆者手帳裁判

「韓国の原爆被害者を救援する市民の会」からの告知です。関西在住で関心をお持ちの方、是非ご参集下さい。
日時:2008年7月15日(火)午後4時半〜
場所:大阪地裁806号法廷(地下鉄又は京阪電車「淀屋橋駅」から北へ徒歩約10分)
韓国の原爆被害者を救援する市民の会
( 豊中市東豊中町4-21-10 TEL/FAX06-6854-7308)

 呼びかけハガキの文章を転載します。

▼6月11日、海外からの被爆者健康手帳の交付申請を明記した「被爆者援護法・改正案」が国会を通過し、6ヶ月以内に施行されることになった。▼6月4日、桝添厚生労働大臣は「402号通達による国家賠償を受けるためには、裁判を提訴してくれ。そうすれば和解する」と国会で答弁した。▼しかし、7人の原告のうちチャ・オスンにつづき、今年に入って、ピョン・ソニさんとチョン・ヂェソンさんも亡くなられた。▼被爆しながらも、一度も手当ももらえないまま、病床で亡くなられたのである。▼早期解決のために、弁護団は6月16日に大阪地裁に「被告に対し、402号通達国賠に関して和解勧告するよう」求めた。だが、今日まで、被告からはまだ何の返答もない。▼今度の法廷は、被告・国がどのような返答をしてくるかが、焦点である。▼裁判には、郭貴勲さんも来られます。▼裁判後、報告集会を大阪弁護士会館1109号室で行います。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です