なが〜いお付き合い

あのねぇ... かつて『髪はなが〜いお友だち』というコピーの発毛促進剤のCMがありましたが、私にとっては頭頂部を中心に悲しい別れが続いております。ま、このあたりは哀しさはあっても悲しみはないのです。しかし、同じ長いつきあいでも髪の毛ではなくて歯のことになると話は違います。週明けの月曜日、少し早めに退出して、いつもの浜田歯科を訪ねました。本来ならば先週抜歯した後のケアーをお願いするところですが、ちょいと緊急事態発生。抜歯した側とは反対の上の歯が、ここしばらくは知覚過敏の症状をあらわにしておりました。青森旅行の際にも気にはなっておりましたが、冷たい水にしみるどころか、温かいご飯を食べる際にも痛みを伴う状態に。ドクターの診断は、「ちと、危険領域ですね』と。私の場合は、歯茎が後退してしまい、本来歯茎に隠れているべき部分が露出状態となって過敏に反応してしまうとか。対策としては、神経につながる部分に薬剤を注入して伝達回路をふさぐとのこと。ただし応急処置故、場合によっては神経を抜く必要になるかも。そんなこんなで、歯科医とのなが〜いお付き合いは、まだまだ続くのです。

 リフレッシュ休暇中のツレアイは、午前中は映画を見た後、午後は家の片付けに従事したとか。ココは普段昼間には家にいないお母さんが居るということで、大はしゃぎ。ほとんど昼寝もせずに相手してもらったようで、夕方私が帰宅する頃には疲れて意識朦朧。いつもの寝場所であるクッションのカバーを洗濯してもらったようで、タオルを敷いた上で熟睡モード。それでも、私がカメラを向けると気配を察したのか、こちらに目線を向けました。もちろん、この後すぐに熟睡したのは言うまでもありません。おかげで、いつもよりかなり早い時間に、次男も一緒に三人でのんびりとした夕食を楽しめました。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「なが〜いお付き合い」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様でした。私もこの頃遠出の出張が多かったのですが、歯痛に悩まされました。取り立てて痛いということはないのですが・・なんか違和感が・・

  2. おはようございます。
    >なんか違和感が・・
    ちゃんと、身体が信号を送ってくれている間に、治療にいきましょう。
    しかし、satoshi-kさんとも長いお付き合いになりましたね。 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です