在韓被爆者「新・国賠集団訴訟」 提訴!!

 「韓国の原爆被害者を救援する市民の会」からの告知です。関西在住の皆さん、ぜひご支援をお願いします。

在韓被爆者「新・国賠集団訴訟」 提訴!!
支援集会にご参加を!!
12 月5 日( 金) 午後6 時半〜 8 時半
場所: エルおおさか南館10 階101 号室
京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」を西へ300m・TEL06-6942-0001

問いあわせ:韓国の原爆被害者を救援する市民の会
豊中市東豊中町4-21-10,TEL/FAX 06-6854-7308


 案内はがきを転載します。

 在韓被爆者は長年、日本政府の被爆者援護施策から排除されてきました。2002年12月大阪高裁における郭貴勲さんの勝訴によって、そのような差別的な取り扱いが違法であることが確定し、在韓被爆者もようやく韓国で被爆者手当の支給が受けられるようになりました。時はすでに被爆から57年、多くの在韓被爆者が亡くなった後のことでした。
 韓国原爆被害者協会の生存会員2700人は、無援護時代をふり返り、「貧しくて病院にも行けず辛かった。日本の朝鮮植民地支配によって『日本人』として被爆させられたのに差別され悔しかった」と口々に語ります。このような精神的被害に対し、2007年の国の賠償責任を認めた最高裁判決に基づいて、協会会員全員が日本政府に慰謝料を求めて提訴することを決めました。市民の会も裁判を全面的に支援することにしました。大阪では, 大阪地裁に提訴する被爆者(陜川・慶北支部の生存者1000人と死亡被爆者の遺族)を支援します。
 12月5日に、1次原告130人を代表して、沈鎮泰(シム・ジンテ) 陜川支部長と李洪鉉(イ・ホンヒョン) 慶北支部長が来日し、大阪地裁に提訴します。そこで、5日夕刻、お二人から在韓被爆者の現状、集団提訴にかける思いを、弁護士から裁判説明を聞く集いを持ち、2,3…次と続く集団提訴支援のスタートを切ります。多くの方の集会参加を心よりお願いいたします。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「在韓被爆者「新・国賠集団訴訟」 提訴!!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です