冷たいひな祭り

ひな祭り 私の朝は午前3時から5時の間に、同居猫・ココのご飯の催促で始まります。よほど疲れていない限り(=前夜に飲み過ぎていない限り)そのままMacBookの電源を入れて、メールチェックから朝の仕事が始まります。今朝のGoogleは写真のように雛祭り仕様、男雛が本来の左大臣の位置にあることに興味をひかれました。一般的には京と江戸では雛の位置が違うと言われますが、ひな人形のない我が家にとってはあまりリアリティなし。しかし、出勤時の風の冷たいこと、とうとう昼休みの頃には雪の交じった霙が降り始めました。本来は月曜日を休肝日とするはずですが、昨晩は来客があったので今夜を休肝日にしようとは今朝の心づもり。しかしこの寒さ、少し早めの帰宅時には夕飯のメニューはおでんに熱燗と決め込んで、休肝日は明日に延期します。

 すでに3月、大学では4年生は社会人一歩手前で卒業旅行など楽しんでいる人も多いはず。同僚のsampe氏などは、海外研修の引率でようやく明日帰国。私はと言えば、次年度に向けたシラバス(担当科目の授業内容を明記するもの)の締め切り日であたふた。職場では今年度からすべてWeb入力のシステムとなったので、私のような紙の扱いが不得手なものにはありがたいはなし。ただ、本日の大きな事件というのは、8年ぶりにコートを購入したこと。昨日の郵便物に混じっていた京都大丸からのカード利用の明細書の中には、改装前のバーゲンのチラシが。改装前とはいえ、昨年から長期的に展開されているキャンペーンなのですが、たまたま目にとまったのが7階催事場でのイベントが今日で最後。しばらく前から考えていた春先のコートの購入に踏み切りました。いつもなら、デパートの買い物にはツレアイの同伴を要請するところですが、平日とあってはそうもゆかず。開店直後の「いらっしゃいませ攻撃」にめげることなく一気に7f催事場へ、男性用コートの売り場へ直行して残り少ない商品を物色。イタリアだかイギリスだかの有名メーカーの生地を国内のこれまた有名縫製会社が仕上げた何とか言うブランドのもの、表は撥水加工仕立ての黒色、裏地は鮮やかなオレンジで襟を立てると後ろから見ればその裏地が目を引くというなかなかのオシャレなデザイン(という、お姉さんの説明をそのまま信用して)、3分で購入決定。ちょっと嬉しかったのは、Mサイズが何の問題もなく身体にフィットしたこと。おかげで、霙の悪天候も楽しい通勤の往復となったのでした。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「冷たいひな祭り」への2件のフィードバック

  1. myonさん、おはようございます。
    先日、また雪が降りましたが積もらずに済みました。

    黒とオレンジって、空軍のフライトジャケットの組み合わせですね。
    裏地を派手にしているのは、緊急時に裏返して着て、救助をしやすくする為らしいです。

    サイズダウンは嬉しいですね。しかし、それを維持するのが大変だったりします^^;

    1. mooさん、おはようございます。
      >空軍のフライトジャケットの組み合わせ
      へ〜、そうなんですか。毎度のことながら、mooさんの博学ぶりには驚かされますね。 😀
      緊急時に遭遇しないことを願ながら、よりいっそうサイズダウンを目指します。 :mrgreen:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です