桜街道

これは安い! 3月最後の週末、一泊二日で熊野へ行ってきました。目的は浜峰さん・satoshi-kさんとの会食、それに熊野路・吉野路の桜を(車内から)観ること。天候にも恵まれて、充実した休暇を楽しむことが出来ました。それにしても高速道路のETC割引制度、かなりのインパクトがありますね。往路は京都南ICから新名神経由で東名阪・伊勢道・紀勢道と走りましたが、どこも渋滞は発生しないものの、大変な交通量でした。今年の2月に開通した紀勢道・紀勢大内山ICには初めて降りたのですが、京都南ICからここまで通常料金なら3,850円のところが何と1,300円!帰路は吉野路経由で、美原JCT→松原JCT→吹田JCT→京都南と乗り継いで、通常料金2,000円のところが1,400円と、こちらもかなりお得です。往路の熊野路、帰路の吉野路ともに国道沿いの桜はほぼ満開状態、心浮き立つ桜街道となっておりました。

壱岐酒造の麦焼酎 浜峰さんとは先日のテレビ放映時の裏話、satoshi-kさんとは4月からの昇進の話題をいろいろと。写真は浜峰さん持ち込みの玄海酒造の麦焼酎「松永安左エ門翁」、いやぁまるでブランデーのような香り、味も良し。壱岐は麦焼酎発祥の地であると言うことや、松永安左エ門という人は壱岐出身で「電力王」「電力の鬼」と呼ばれ、また美術コレクター・茶人としても著名な方であることなど、一夜明けてから昨晩の味を思い出しながら、面白く振り返っております。帰路の吉野路では恒例となった道の駅・大淀でどっさりと食材を買い込み、これから今夜の来客用に食事準備。これもまた、休日ならではのリフレッシュ効果があるのです。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「桜街道」への2件のフィードバック

  1. あ・・昨日の焼酎、ちゃっかり持ってきましたが良かったのでしょうか? と言いつつ、今夜も少しいただきました :mrgreen: で、まな板は確保しましたよ。

    1. satoshi-kさん、おはようございます。
      焼酎、美味しいですね。自宅ではもっぱら、芋ですが。
      >まな板は確保しましたよ
      ありがとうございます。現在使用中のものはかなり使い込んで中央部分が凹んでいます。
      カンナがあればかけたいところですが、そのような道具も今は身の回りに見あたりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です