猫をかぶる

猫をかぶる 外出時に帽子をかぶるようになったのは、いつの頃からでしょうか。きっかけは、頭頂部の髪が薄くかつ細くなったことだったと思います。よくネタで「雨が降るとすぐわかる」と言っていたのですが、フィールド調査の時など、ちょっとした雨なら帽子でしのぐ方が便利なのですね。加えて、夏の日差しもけっこう暑く感じるし、冬は冬でそれなりに寒い。そんなこんなで帽子を常用するようになって、ずいぶん経ちます。以前はデパートで買った夏用のつばの広いもの、冬用の短いものを交互に使っていましたが、昨年後半からはハンチングに。きっかけは、ツレアイがどこかの店で買ってきたのですが、最初は冬用の少し厚めの生地、春からは薄い生地のもの。そして、今週前半の新潟出張時に帰りの空港で買ってきてもらった土産がこの写真、そう、猫の絵が描いてあるのです。ハンチングとしては3代目となるこの帽子、イタリアの何とか言うメーカーのものですが、サイズが57cm。この髪型でも散髪した時にちょうどフィットする感じ、もう1cmあれば言うことなしなのですが。ちなみに画像をクリックしていただくとflickrへ飛ぶわけですが、さらに写真の上の ALL SIZES というアイコンをクリックしていただくと、より大きな写真がご覧頂けます。

 インターネットの普及で、ちょっとした調べ物に検索エンジンを使うことが当たり前になりました。拙ブログへお越しの方がどのような検索によるかというと、圧倒的に多いのが「魚の焼き方」、そしてWordPressのプラグイン関連のもの。中で時々あるのが、ことわざや慣用句の意味を調べようとするもの。たとえば、このブログのタイトルである「今日も今日とて」という言葉そのものも、けっこう検索の対象となっています。もっとも言葉の意味ではなくブログを探そうとして「寺口 今日も」などという例もありますが。その点、この記事のタイトルなどは、言葉の意味を調べようとする際にヒットすることもあるでしょうね。そんな理由でここへ来られた方、ゴメンナサイ。少し付言するなら、このブログは「身辺雑記」と位置づけてはいますが、「公開日記」ではありません。それなりに読者を意識した「社会的日記」でもあるわけで、その意味では「猫をかぶっている」と言えなくもないかな?

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です