やはり誕生日

誕生日プレゼント 今年もこの日がやってきました、はい、ツレアイの誕生日です。ご本人はもはや自分が幾つになるなどといったことには関心はなく、もっぱら飲み会のネタと思われているよし。そんな彼女の心中を慮って、友人諸氏からドリンクのプレゼントが集まっています。ワイン、焼酎、オリーブオイル(もちろんつまみの調理用)、加えて写真の涼しげな金魚の模様、これは招徳酒造(京都市伏見区)が販売する四季の純米吟醸ボトル。先日雑誌に紹介されたものを見たのですが、「夏の戯れ」と命名されております。純米吟醸で240ml入り、冷蔵庫で冷やすのに邪魔にならない大きさですが、木桶に氷を入れて冷やしたりすれば、おもてなしにも良さそうですね。今夜はこれで乾杯することにします。

 昨日は東京への日帰り出張、飯田橋にある某機関で1時間強の打ち合わせ。同行者とはランチを食べてから現地解散、他の曜日であればミュージアムなど訪れたいところですが何しろ月曜日、伊勢丹出展中の浜峰さんの表敬訪問もちらっと頭をかすめたのですが、結局そのまま新幹線に飛び乗ったのでありました。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「やはり誕生日」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です