今年も好評、尾鷲まるごとヤーヤ便

タイのタイ

 このところ、拙ブログも週一回の更新ペース、ま、それが現実の自分の姿なので仕方ないところ。しかし、日が長くなりましたね、そして緑も一層濃くなりました。できることならそんな日常の変化を俳句で表現したいところですが、これはリタイアしてからの楽しみに。写真は木曜日の肴=鯛の兜煮(遅い時間のスーパーの値引き商品で作ります)からとった鯛の鯛、数日前のテレビのクイズ番組でタレント回答者が知らなかったのに驚いての写真撮影、煮汁の色が残っているのはご愛敬。息子たちは肉が好きですが、私はやはり魚がいい。できることなら、毎日自分で買い物して自分で調理する生活をしたいもの。そんな暮らしが出来るなら、毎日のブログ更新も難しくはないのですが。

 「記憶から記録へ」という言葉を座右の銘(?)とする私にとっては、過去の記事は大変重宝します。一つ前の記事のコメントに登場する尾鷲まるごとヤーヤ便は一年前の記事、今年のヤーヤ便で取り上げられている尾鷲のあぶりの記事は三年前、いずれも前任校時代に始まった東紀州地域とのお付き合いの産物。思えば、魚好きを加速したのはこの地域とのつながりが主因かもしれません。今日は土曜日、夕飯の買い物は少し早めに出かけて、ゆっくり魚売場を眺めてきましょう。

尾鷲まるごとヤーヤ便

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「今年も好評、尾鷲まるごとヤーヤ便」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です