Gmailでの署名切り替えが簡単に

署名設定

 私のブログでもっともよく読まれている記事の一つがGmail2.0での署名の使い分け、Gmail利用者の多くが望む署名の切り替え方法についての紹介記事です。ところが、今朝になって気づいたのですが、今のGmailではもっと簡単に切り替えが可能となっているのですね。ひょっとすると皆さんご存じのことかも知れませんが、備忘録もかねて記事にしておきます。写真はGmailの「設定」画面、ここで自分が署名を設定したいアドレスを選択し、署名を作成して保存します。これを、署名を切り替えたいアドレスごとに作業を行って保存しておけばいいのです。あまりにあっけないというか、当然というか・・・。

メール作成

 次は、実際のメール作成画面。発信したいアドレスを選択すれば、先に設定した署名が挿入されます。もちろん、返信メール作成でも同じこと。私の場合、少なくとも5つのアドレスをそれぞれ異なる署名で使用する必要があります。実は、従来の方法では環境が変わったときなどうまく働かないことがあったりして、いつの頃からか署名の切り替えをやめていたのです。しかし、余計なスクリプトを使用せずに実現できるこの方法はシンプルかつ便利、再度署名切り替えを復活させることにします。しかし、こんなことに気づくというのは、夏休み目前という気持ちの余裕なのでしょうね。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です