無理矢理に、秋

今朝の日の出

 気象庁によれば、今年の8月の暑さは統計を取り始めた1898年以降最も暑かったとのこと。そんなん言われると余計に暑苦しくなる気もしますが、すでに9月、無理矢理にでも秋の気分にひたりましょう。写真は今朝の梅小路公園、いささか見にくい写真で恐縮ですが、拡大してご覧いただくと京都タワーが太陽の北側(=左側)にあるのがおわかりいただけるかと。8月31日(火)の写真では、同じ場所からの撮影ですが、京都タワーが太陽の南側(=右側)にあることが(拡大していただくと)ご確認いただけるはず。日の出の時間も徐々に遅くなり、この写真を撮影している時間帯はさすがに涼しさを感じます。犬の散歩やジョギングする人々の服装も、心なしか白い色が少なくなってきたように思えます。無理矢理にでも、すでに秋と思い込んでしまいましょう。

 9月3日(金)はツレアイの夏休みで一泊二日のミニ旅行、熊野三山詣の友人夫婦と合流してグルメツアーに行って参りました。3日(金)の朝に京都を出たオーシャンアロー3号、終点の新宮に着いたのは定刻を若干遅れて13時手前、友人と合流してまずは速玉神社にご挨拶。本殿を参拝した後は天然記念物である梛の木にもご挨拶、もちろん、腕にはナギの実ブレスレットをはめていることは言うまでもありません。遅めの昼食は新宮の定番・鹿六の鰻、実は雑誌サライの次回増刊号にこの店の紹介記事が出るのですが、そのライターに当店を推薦したのが同行者、彼に紹介したのが私という因縁がありますが、そんなこととは関係なく、いつもながらレベルの高い鰻丼(私には若干甘めではありますが)でありました。次に向かったのは浜峰浜街道店、久しぶりに浜峰さん・satoshi-kさんと歓談、こちらには12日(日)から学生実習でまたお世話になりますが、話題の中心は不漁が現実化している秋刀魚のこと。秋の秋刀魚が少なければ、冬の丸干しが食べられない、私にとっても深刻です。この日の宿は紀伊長島の割烹の宿・美鈴、個人的には4年半ぶりですがツレアイは初めて、漁師件料理人の大将と息子さん、二組のご夫婦の手厚いもてなしはすべてにおいて文句なし。嫌みになるので、料理の写真は止めておきます :mrgreen: 。その代わりと言っては何ですが、店のブログに写真が掲載されています、こちらをクリックしてご覧ください
 4日(土)は美味しい朝ご飯を堪能し(極めつけは、お手製のからすみパウダー、温かいご飯にたっぷりと振りかけると、その香りは何とも言えません!)、一路伊賀上野を目指します。初体験の友人の奥様のためにミニ観光案内、だんじり会館と上野城を見学しましたが、やはり暑い、早々にグリス・ストークへ駆け込みました。こちらへ来るのは3年半ぶり、オススメはタンシチューですが、私が密かに狙っていたのはオムライス、クリーミーな卵と創業以来継ぎ足して守り続けるデミグラスソースの相性は抜群!こちらも父と息子が調理を担当、ご家族で切り盛りされる地方都市の名物洋食屋さん、全国からファンが訪れる名店です。
 そんなこんなで食べて飲んでの二日間、夕方早めに帰宅して、心地よい疲れと共に夏休みの小旅行が終わりました。明日からは、仕事の秋が始まります 😆 。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「無理矢理に、秋」への2件のフィードバック

  1. お疲れさまでした。秋刀魚ですが、こんな年は熊野沖で突然豊漁になることがあります。私が兄貴と知り合った頃そんあことがありましたので・・ちょっぴり期待しています。ストークへ行かれたんですね。うらやましい・・・・

    1. satoshi-kさん、こんばんは。
      秋刀魚、なんとかなれば嬉しいのですが。
      なかなかゆっくり話す時間がとれませんね。
      お互い次のステップを考える時、一度ゆっくり
      お話したいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です