第2回在韓被爆者医療費裁判

 韓国の原爆被害者を救援する市民の会からのお知らせです。

名称:第2回在韓被爆者医療費裁判
日時:9月29日(木)10時30分~
場所:大阪地裁 806 号法廷(地下鉄御堂筋線または京阪電車「淀屋橋」下車・北へ徒歩 10 分)

 多くの方の傍聴をよろしくお願いします。
裁判後, 弁護士会館で裁判報告集会を持ちます。
〒 560-0003 豊中市東豊中町 4-21-10 韓国の原爆被害者を救援する市民の会 (Tel,Fax06-6854-7308)

● 66回目の原爆忌,広島・長崎の平和宣言,菅総理のあいさつに,約7万人もの朝鮮人が日本の植民地支配の結果,原爆の被害を負ったこと,今も在外被爆者に対する差別が残っていること,への反省はありませんでした。
●しかし,在韓被爆者は被爆者援護法の平等適用を求める裁判(大阪の医療費裁判・ 長崎の手帳交付裁判)を闘いつづけています。
●在朝被爆者への日本政府の援護はまったくありません。
●もう一つの日本の植民地であった台湾の被爆者の存在も明らかになり,広島で402号慰謝料裁判の原告になりました。
●私たちは,これらのことをもっと多くの人に知らせていかなければなりません。

★大阪医療費裁判の原告 3人のうちの1人, 李根睦(イグンモク)さんが, 去る7月11日, 市民の会に「これまでお話してきたことをよろしくお願いします」という遺言を残して亡くなりました。無念です。李さんの遺志を継ぎ, 医療費裁判を1日も早く勝訴させて, 高齢化した在外被爆者が,日本の被爆者と同様に,安心して治療を受けられるように,裁判支援をがんばりましょう。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です