八年の苦楽

[flickr id=”6838031902″ thumbnail=”thumbnail” overlay=”true” size=”medium” group=”” align=”left”] 2004年にスタートした私の職場=人間社会学部は、今月末で幕を閉じます。完成年度(1年生から4年生まで揃った段階)で定員を満たす目処が立たずに改組、2007年入学生のうち一年遅れた最後の学生が今年卒業していくのです。先日その学生と友人を拙宅に招いて卒業祝いをしたのですが、昨晩は八年間苦楽を共にした仲間達との慰労会、写真はメニューの一部、時々利用する豆腐と湯葉料理の店で美味しく楽しい時間を過ごしました。それぞれに思い出話と今後の生き方を披露しあったのですが、20代後半で春から北国の大学で教える最年少者と「年金暮らし」に入る最年長者、老若男女入り混じった語り合いは何よりの肴、いつも以上に酒がすすんだ春の宵でした。

 二次会で立ち寄った阿吽坊で飲み出したところへ思わぬ人から電話、東京にいる大学の同級生。なんと、息子が京都の大学へ入学することになって下宿探しにやってきたとか。生憎電波状況が悪くてすぐに電話を切ったのですが、今夜数十年ぶりの再会の楽しみが出来ました。そう言えば、昨晩のやりとりでも引っ越しの話題で盛り上がっていたのですが、行く人来る人交々に、弥生半ばを実感しております。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です