ふたまわり

[flickr id=”8664380392″ thumbnail=”thumbnail” overlay=”true” size=”original” group=”” align=”left”]  授業が始まって2週目が終了、学生達も徐々に大学生としての生活ペースに慣れてきた様子。私の方も、例年のこととは言え新学期は結構緊張。そのせいか、14日(日)の「南光・南天二人会」の記録を書くことも忘れていました。そんな緊張を緩和すべく、昨晩は職場がらみの飲み会。いつもの阿吽坊に集まったのは、同僚・元同僚・卒業生など12名、寒さのせいで日本酒のピッチも上がってご機嫌で帰宅。そのせいか、数日前から痛かった首がすっかり回復、寝違えというよりも、これも新学期の緊張のせいだったのかもしれません。写真は昨晩届いたフィールド仲間からの贈り物、今夜からまた筍が楽しめます。

 私の職場は、短大を母体とした四年生女子大学として再出発して10年。この間、自分の学部が廃止となったことは痛恨の極みではありますが、今年度から教養教育科目のみを担当することとなって、新たな気持ちになっていることも確かです。私の担当科目は、社会貢献論(必修)・スタディスキルズ(必修)・現代社会論(選択)・環境論(選択)。加えて、「地域共創センター」という社会連携・地域貢献の部署を預かっているので、知識積み上げ型の資格取得に走りがちな彼女達に(そのために入学してきたとはいえ)社会を見る幅広いまなざしを示すこと、そこにそれなりの楽しみを見いだしつつある今日この頃であります。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「ふたまわり」への4件のフィードバック

  1. おはようございます。穀雨なのに冷たい雨の東京です。

    質問があるのですが、「スタディスキルズ」って何ですか?
    大学は行ったのですが分野が全然違う科だったので、一般教養取得科目には無かった項目です。
    30年も前の事なので、今では必修科目も変わっていますよね^^;

    1. おはようございます、今朝も寒いですね。

      「スタディスキルズ」というのは、大学生活に必要な基礎知識・技術、
      ノートの取り方やレポートの書き方、学内ネットワークの利用法といった、
      新入生向けの演習です。

      以前の大学はこれほど親切なことはしなかったのですが、大学進学率が
      50%を越える現状では、このような対応も仕方ないのかも知れません。

      1. 驚きました。そんな親切な科目が、今の大学にはあるのですね!
        しかし、レポートの書き方やノートの取り方まで学習しなくてはならないとは、嘆かわしい現状ですね。
        30年前は、もっと知識や技術に飢えて貪欲に吸収、研究を自らしたものです。

        職場でも、若い子は無気力で想像力がなく、マニュアル通りにも動けないので使いものになりません。上げ膳据え膳体制からくる弊害だと思います。

        1. mooさん、こんにちは。
          今日はいい天気、もう寒いのはこりごりです。

          驚かされることの一つに、「地理の知識」が偏っていることが上げられます。
          学校などで、すでに海外研修を経験済みの学生も多いのですが、日本地理に
          なると、都道府県の場所や名前など、ほとんど知らない人が少なくありません。
          午後の授業では、大宝律令時の地図と現在を比較する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です