四半世紀ぶりの博多うどん

ごぼ天うどん@みやけうどん
ごぼ天うどん@みやけうどん

 私用ですが、9月7日(土)8日(日)の一泊二日で、福岡へ行ってきました。ツレアイは博多生まれの筑豊育ち、彼女の生まれ育った町を4半世紀ぶりに訪ねました。漫画「博多っ子純情」の舞台そのままの古いマチ、息子たちが小さいときに訪れたことは確かなのですがほとんど中身を覚えていなかった「みやけうどん」をいただくことが隠れミッションなのです。博多というと長浜ラーメンを連想する方が多いでしょうが、私はむしろうどんが好き。讃岐うどん・伊勢うどんと並び称される(?)くらいに個性的な博多うどん、そして何と言ってもそれは「みやけうどん」でなければなりません。写真は、ごぼう天をトッピング、好きなだけネギを載せ、素直なお出汁のつゆに天ぷらが溶け出してきたところを、ズルズルッといただきます。これは7日(土)の昼食、8日(日)の朝食には博多駅近くのチェーン店のうどんを食べたのですが、いただいた瞬間に「みやけうどん」の偉大さを再認識。化学調味料を使ったつゆと天然素材の素直なお出汁とはかくも違うものなのか、いやぁ、しつこいけど「みやけうどん」は凄い!


 2日目のミッションは、櫛田神社筥崎宮に参拝すること。写真は、櫛田神宮で見つけた「干支恵方盤」、毎年大晦日に矢印を移動して新年の干支を示すとのこと、現在は「巳」を示していますね。ここでいただいたおみくじは「大吉」、気をよくして筥崎宮へ移動、地下鉄も西鉄バスもICカード利用で大変快適。早めに駅まで戻り、買い物と昼食を済ませ、余裕を持って帰宅することが出来ました。本来のミッションは・・・、それはいずれまた。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です