41回目の夏

今朝のベランダ
今朝のベランダ

 高校を卒業して1浪の後、京都の大学へ入学したのが1974年のこと。当初は片道2時間強かけて自宅から通学していたのですが、さすがに「通うだけの学生生活」では味気なく、親の許しを得て下宿生活を始めたのが1974年8月1日のこと。そう、今日は私にとっては「一人暮らし記念日」なのであります。あれから数えて41回目の夏、変わるモノ・変わらないコト、昨晩からあれこれ思うのは夏休みのせいなのですね。

 初めての一人暮らしを始めたのは、百万遍から今出川通りを東へ、北白川のお地蔵さんの前を比叡山の方へ続く道を入って直ぐの場所。格子戸を開けて前栽を抜けると井戸があり、その横に天窓つきの物置が。当時まだ多かった「間借り」ではなく、3畳とは言え立派な「一戸建て」に入居したのであります。家賃は6000円、家具と言えば大学生協で購入したコタツと本立てのみ。冷蔵庫も扇風機もない8月の京都、冷たい井戸水で顔を洗うと文庫本一冊持ってお出かけ。行き先はたいてい銀閣寺、時には吉田山を越えて真如堂、もちろん暑かったはずですが、暑さの記憶などほとんどないのですね。金はなく、いつもお腹を空かせてはいましたが、古き良き時代の想い出、朽ちることはありません。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です