通崎睦実『天使突抜一丁目』

 研究日を利用して、いろいろと私用を片付けた一日でした。ランチに残り物を盛り込んだ具沢山の玉子丼を食べ終えたころ、同僚harimayaさんから携帯メール、「徹子の部屋を見るべし!」。今日の出演は、通崎睦実さん。恥ずかしながらどんな方か存じ上げなかったのですが、テレビに登場した彼女はレトロな着物に身を包み、でも、徹子女史を前にして全く物怖じしないその語り口はとってもチャーミング。マリンバ演奏家としてもエッセイストとしても、そして何よりも着物コレクターとして大変有名な彼女を知らなかった自分の無知を恥じながらも、気持ちの良い午後の一時でした。そんな彼女の著作の一つが、「天使突抜一丁目」。どうやら、知らなかったでは済まされない本のようです。

 朝一番で洗濯を済ませ、いくつか溜まった振込用紙をもってまずは郵便局へ。ついでに年賀状を200枚購入し、週末の「冬の熊野詣」のチケット確保のために京都駅へ(もちろん徒歩)。八条口の近鉄名店街が工事のために閉鎖されていたのを確認し、JR東海のみどりの窓口で22日(土)の切符をゲット。南北自由通路を北に歩いて、今度はJR西日本の売り場でネット予約済みの23日(日)帰路の切符を入手。午後は来客の対応、その後五条通のスーパーまで醤油や酢など重いものの買い出し、帰路にはスタンドでガソリンを入れて灯油を購入、戻ったときにはすでに夕方。念願のニンニク酢・ショウガ酢を仕込んだ後は夕飯準備、結局家事で終わった一日でした。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「通崎睦実『天使突抜一丁目』」への5件のフィードバック

  1. 通崎さん、ステキでしょ!天使突抜一丁目と隣の町内なのです私 :mrgreen: 今日も偶然遭遇しておしゃべり、「徹子の部屋」情報を〜今度はマリンバライブも是非!

    お・・・年賀状・・・しばらくサボってる・・・
    来年はねずみさんだし・・・ 😎

  2. >お・・・年賀状・・
    私自身は4年前の転勤を機に、年賀状は止めました。ただ、ツレアイのものと共通の友人へのご挨拶は外せません。もっとも、いつ作業ができることやら。 😕
    >天使突抜一丁目と隣の町内
    これって、彼女がお住まいの地名なのですよね、harimayaさんちも(確か)それらしい地名だったと思いますが。拙宅付近は、おそらく芹が群生する原野もしくは湿地帯だったようで、近くの寺にはそのような伝承があるようです。

  3. むかしむかし、天から使わされた小さな神さま、スクナヒコノミコトはんが、天使宮(五条天神宮)にお下りの際、芦原を突抜けてお通りになった道〜天使突抜町 😎

    スクナヒコノミコトは佐藤さとるのコロボックルのモデルにもなったらしく。一寸法師さんも?
    なんとはなしに神様の時代につつまれてのんきに暮らしたいですね〜 :mrgreen:

  4. 解説ありがとうございます。

    >神様の時代につつまれてのんきに暮らしたい
    う〜〜む、関係者からすれば、すでに「のんき暮らし」の第一人者ではないかと、無粋な突っ込みをしたくなります。 :mrgreen:
    今頃思い出したのですが、テレビなどでよく紹介されるレンタル町家にそのものずばりのものがありました、京町家 天使突抜

    そうそう、satoshi-kさんもharimayaさんも、コメント送信の前に「コメント購読」にチェックよろしく。便利ですよ。 💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です