地縁と知縁の間

 かつて単身赴任で住んでいた街・三重県松阪市で開催された、「まつさか地域情報化フォーラム」へ行ってきました。今日の私の仕事は、標記のタイトルの講演を30分、後半のパネルディスカッションでのコメンテーター。キーワードは「地域SNS」ということですが、私の方からはその一歩手前で、情報化社会の中での地域のあり方について愚見を披露したわけです。ネタとしては湖鮎ネットとプロジェクト熊野。フォーラムはともかくも、久しぶりの松阪での出番ということで、大勢の旧知の方に声をかけられたのが、嬉しくもあり恥ずかしくもある一日でした。

 本日のフォーラムに参加されたのは、GLOCOMの庄司昌彦氏、e-じゃん掛川の戸塚芳之氏、お茶っ人の村山良臣氏、それにみえぢん及びみえりあの太田正人氏。さらにまつさか地域SNS(仮称)を代表して事務局の近田弘之氏。前半は私と庄司氏の講演、後半が掛川と宇治の事例報告とパネルディスカッションという内容でした。
 会場は松阪市産業振興センター、私にとってはなじみの場所ですが、休憩時間や終了後に本当に大勢の人に声をかけていただきました。市役所ではIさん・Nさんといった今春定年組、旧飯高町のMさんのような合併組、前任校へ赴任して最初に知り合ったYさんなど。前任校事務局ののMさんやO氏、駅前商店街のHさん(お父様とは旧知の仲)、市会議員のK氏など。かつてよくお世話になった小料理屋のお母さんまで来られていたのには参りましたね。 😆
 新しく、また、再びご縁を頂いた方のサイトです。
 松阪市議会議員海住恒幸のホームページ
 オーダーシャツのHashimoto
 三重のまんなか”まっさか”
 帰路の近鉄特急の車内でツレアイに連絡を取ると、なんとほぼ同じ時間に京都駅に着くことが判明。買い物の分担を確認して、久しぶりに家族4人で(予想よりもだいぶ早い時間に)美味しい夕食(=鍋)をいただくことができました。明日は、休むぞ! :mrgreen:

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「地縁と知縁の間」への2件のフィードバック

  1. 大分出張、お疲れ様でした。臼杵の間崖仏を観たくて家族で出かけたのがすでに20年以上前、残念ながらマチの様子など何一つ覚えていません。もう一度ゆっくり訪れたいマチの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です