2011年フェイスブックの旅

 一年前に2010年ツイッターの旅という記事を書いていますが、これは週刊ダイヤモンド2010年1月23日号の特集記事を紹介したものでした。ちょうど一年後、週刊ダイヤモンド2011年1月29日号には、「2011年フェイスブックの旅」という特集が。同じタイミングで、週刊エコノミスト2011年2月1日号には「フェイスブック大旋風」という特集が組まれています。すでに映画も公開されて何かと話題のフェイスブック、もちろん、あたらしもん好きの小生はとっくにアカウントを取得しておりますが、実際には長い間ほったらかし。今年度の授業も終わったことゆえ、ここらでもう一度フェイスブックとは何なのか、再度探求したいと考えております。

 私自身はパソコン通信の時代からのネットワーカー、インターネットも日本での普及当初から利用しています。したがって、電子ネットワーク(この表現も古いなぁ)については昔から強い関心がありますが、いわゆるSNSにはあまり触手を伸ばす気になれないでここまで来ています。ただ、「インド、中国、facebook」と称されるまで普及している現実の意味は、やはり無視することは出来ません。週刊ダイヤモンドは本日ポストに入っていましたし、エコノミストは先ほどオンラインで発注しました。これから夕方の内科受診まで、しばしフェイスブックの旅に出かけてきます。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です