胡瓜無常なり

胡瓜無常なり
胡瓜無常なり

 この一週間、私の主たる関心事はベランダの胡瓜でありました。朝起きると同時に胡瓜の様子をチェックしていたことは、このブログの読者にはご承知のこと。しかしながら、我が同居猫の戯れの相手となった今年の胡瓜君、昨日あえなき最期を遂げられました。家族一同、その無念に深く同情した結果、本日夕刻には写真のような姿となったことをここに謹んで報告させていただきます。いやなに、今日ドライブに出かけた篠山で、見切り品の苗を50円*2=100円で仕入れて植え替えたのであります。ここまで成長してしまえば、さすがの同居猫も手こずるに違いありませぬ。明日からの週も、引き続きベランダ胡瓜から目が離せません。

 木曜日に我が家にやってきたHONDA・N-WGN、今日は家族揃っての試乗会、丹波篠山までの買い物ツアーと相成りました。篠山は色々ご縁があるところ、一番の想い出は遅れてきた院生としての修士課程の頃、故・米山俊直先生のゼミのメンバーで私の生家を拠点に2泊3日のミニ社会調査を敢行したこと、もう30年前のことになるのですね。その時の想い出は、旧ブログの記事にありました。その篠山はいろんな機会に訪ねていますが、直近は昨年11月2日、本日と同じ特産館ささやま・味土里館での飲食と買い物、もっとも前回と今回は順序が逆になりましたが。
 さて、N-WGNですが、よく走ってくれました。軽自動車に4人乗車、この状態では多くを望むのは無理というもの・・・、という気持ちで運転していたのです。しかしながら、「軽自動車かつ新車、決して100kmを超えない」という自分のルールで走っていると、一般道も50km制限を忠実に60kmで走ることが出来、かつ、ほとんどストレスを感じません。信号待ちのたびにアイドリングストップがかかるのは若干面倒ではありますが、総じて「無茶な運転をさせない」設計には安心させられます。そんなこんなで帰路も自宅近く、阪急西京極駅近くで突然Naviに「iPhoneに着信」との表示、そう、BluetoothでiPhoneとNaviがつながっているのですね。画面をタップすればそのまま通話状態に、相手はHondaの担当者から車の調子を尋ねるものでした。いやぁ、初めての体験でしたがハンズフリー通話、安全かつ安心に話すことが出来て実にいいものですね。こちらから走行中に電話することはしませんが、受信については慌てず対応できるこのシステムはとても重宝しそう。当面、夜が遅くなる月曜日と朝の早い木曜日の週2回、通勤に使用するつもり。高速代や燃費など各種データを勘案し、効率的かつ安全な利用に努めたいと思っております。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です