Facebook ことはじめ

大胆クロワッサン

 ここ数日は、週刊ダイヤモンド週刊エコノミストの記事を参考に、Blog+Flickr+Twitter+Facebookの連携可能性を検討して参りました。結論としては、それらの連携が極めて平易に実現できることが判明し、今日以降、Facebookを日常的に利用することに決したのです。 写真は、昨日マルホベーカリー(百万遍上がる西側)で購入したクロワッサン、今日の夕方にiPhoneで撮影したものをFlickrにメールで投稿、Flickr2Twitterの働きで同時にTwitterにもつぶやかれ、さらにそれがYahooUpdatesの機能を使ってFacebookにも自動的に投稿されるのです。もちろん、このブログの記事を自動的にFacebookに取り込むことも可能ですが、私の場合それはあまり必要と感じません。結局、不特定多数を相手のTwitter、特定の相手向けのFacebook、共通する主要コンテンツとしてのBlog、共有データとしてのFlickrという連携の中で、批判的日常生活(?)を営むのであります。

 Facebookをはじめて最初に戸惑うのは、「友達がおらんとどうしようもない」という点です。実際、自分の画面に「友人候補」として立ち現れる見ず知らずの(ほとんど)外国人といきなりコミュニケーションというのは現実的ではありません。Facebookで用意されている友人の見つけ方の一つが、自前のアドレスデータから検索するというもの。私の場合、自宅のメインマシンであるiMacのアドレス帳をFacebookに取り込んで捜してみると、たちどころに20名近くのFacebook利用者が画面に登場しました。その中から、気軽に呼びかけても支障ない範囲で5名程度の友人にリクエスト、そのうちのお一人からは約10分後に反応が返ってきました。
 夕方、ブログのコメント欄に最近Facebookをはじめたという「かきやん」からの連絡、早速リクエストを送ってもらって友人関係成立。たった10数分の間に、結構楽しくかつ密なやりとりができたのです。いやぁ、Facebook面白いですね、Twitterになじみにくい人ほど、むしろこちらが相応しいかも知れません。読者の皆さん、Facebookはじめませんか?

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

「Facebook ことはじめ」への7件のフィードバック

  1. FacebookとBlogの連携は「あまり必要と感じません」と言った舌の根も乾かぬうちに、それを実現するアプリを発見。結局、いつもの「行き当たりバッチリ」路線ゆえ、事前の下調べなど飛ばしてしまうのですね。利用したのは、RSS Graffitiというアプリ、今後はブログの更新と同時に、Facebook(とTwitter)に同時に通知されます。

  2. こんばんは。
    わたしは、今mixi(友人家族親戚がやっているので)とtwitter(これはmyonさんからの影響でした :mrgreen: )は、やってるんですが、映画の影響(まだ見てないけど・・)や、海外留学の経験ありの知人の影響でfacebookにも興味あります。facebookは実名登録が条件で海外のビジネスマンは名刺がわりだという話も聞いて、仕事関係で活用方法検討中です。
    あれこれ手を出してもどれも中途半端になりそうな気もするんですが、ミーハーな私は網はって、情報収集中です。

    1. satokoさん、こんばんは。
      年末年始、ご家族の入院などで大変でしたね、お疲れ様。
      私も色々検討中ですが、それぞれの特長を生かせばいいのでしょうね。
      私の場合は、
      ブログ=自分の表現の中心
      フリッカー=画像データの貯蔵庫
      ツイッター=不特定多数の方とのコミュニケーション、告知などには便利
      フェイスブック=顔の見える相手との(時にはプライベートな)コミュニケーション
      それぞれ微妙に重なり、かつ、ずれている
      どれ一つとっても、それだけでは十分ではないことを、それぞれ利用することで実現できると考えています。

    1. を〜っと、援軍現る!
      検索してもなかなかヒットしないので、そちらから友達リクエストしてもらえますか?
      検索窓に、私の名前(漢字)入れてもらえばヒットするはず。

  3. 私も帰ってから、パソコンと格闘です。現在携帯で挑戦中、携帯から初めてブログに投稿中、仕事上iPhoneやiPadを持ち歩けないのでこんな時不便

    1. かきやん、お疲れ様。
      携帯電話、もちろん便利ですが、電波状況と使用勝手には
      地域差と年齢差がどうしても生じますね。
      暖かくなったら、ぜひ飲みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です