唐辛子痛々子

囓られた唐辛子
囓られた唐辛子

 爽やかなお天気、南北両方のベランダのサッシを開放すると、狭いうちの中を気持ちよく風が通り抜けます。同居猫もあっちへ行ったりこっちへ来たり、穏やかな週末です。写真は先日植えた唐辛子、よくみれば早速囓り痕、同居猫の仕業に違いありません。ベランダには幾種類かの野菜があるのですが、この唐辛子が一番好きなようです。ま、害にはならないと思いますが、できれば実がつくまでちゃんと育って欲しいものです。

 ここ数年は、自宅デスクの側に旧暦カレンダーを吊ってあります。今日は立夏の次候「蚯蚓出(きゅういん いずる)」、冬眠していたミミズが地上に這い出してくるのですね。田舎育ちですから子どもの頃には田んぼや畑で普通に見ていたミミズ、残念ながら現状では目にするような機会はありません。それでも、啓蟄とはひと味違ったミミズの目覚め、ユーモラスでありかつ人々の活動の活発化をイメージさせて楽しい表現ですね。

投稿者: myon

このブログの管理人は,京都の下町に住み,大阪の女子大に勤務するお気楽オジサンです.通勤車内の読書記録・上方落語鑑賞メモ・料理食べたり作ったり・同居猫ココの日常などを主なコンテンツとしています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です